« 「福山」だけに龍馬で盛り上がる…鞆の浦も縁(読売新聞) | トップページ | 京都・八坂神社で「おけら詣り」(産経新聞) »

2010年1月 4日 (月)

全焼、母子ら3人死亡 台所の灯油缶に引火か 東京・大田区(産経新聞)

 3日午前5時半ごろ、東京都大田区久が原の無職、桜木節子さん(82)方から出火し、木造2階建て住宅約140平方メートルが全焼したほか、周囲の空き家や物置を含む7棟の壁などが焼けた。焼け跡から桜木さんと、次女で無職、裕子さん(48)、裕子さんの長女で小学3年の夏海(なつみ)ちゃん(9)の3人の遺体が見つかった。桜木さんの長女(54)は外に逃げたが、のどに軽いやけどを負った。

 警視庁池上署によると、長女は「台所のガスコンロ付近が燃えていた。バケツで風呂の水を何回かかけたが消える気配がなかった」と説明。台所近くに灯油缶が置いてあり、台所周辺の焼け方が激しかった。同署は灯油缶に引火した可能性もあるとみて調べている。

 同署の調べによると、出火当時、桜木さんと長女は1階の別々の部屋で、裕子さんと夏海ちゃんは2階の同じ部屋で寝ていたとみられる。1階から1人、2階から2人の女性の遺体が見つかった。

 長女は「2階にいた裕子に火事と叫んだら、『分かった』と言っていた」と話しているという。

 桜木さん方は4人暮らし。現場は東急池上線の千鳥町駅から北東約600メートルにある住宅街の一角。

                   ◇

 ■前日はTDL 「仲の良い家族が…」

 新年の住宅街に爆発音が響き、炎が3世代が暮らす家をのみ込んだ。東京都大田区で3日早朝に起きた住宅火災。火元となった桜木節子さん宅は近所でも評判の仲の良い家族だった。

 桜木さんの孫、夏海ちゃんは母親の裕子さん、保育園で一緒だった女児らと前日、東京ディズニーランドに行ったばかりだった。女児の祖父(72)は「まさか翌日にこんなことになるとは」と驚いた様子。同級生の女児(9)は「皆から『夏海ちゃん』『なっちゃん』と慕われていた。木登りが得意で2週間前も公園で一緒に遊んだばかり」と話した。

 近所の住民らによると、裕子さんは沖縄で結婚生活を送っていたが、夏海ちゃんの出産を機に実家に戻った。認知症の桜木さんを介護しながら、夏海ちゃんを育て上げた。

 裕子さんと中学、高校の同級生、玉山智子さん(48)は「穏やかだが、とても芯の強い人だった」。家族ぐるみの付き合いをしていた近所の石田照代さん(72)は「仲の良い家族で、夏海ちゃんを宝物より大切にしていた」とうつむいた。

Gainsboroughのブログ
えいじのブログ
クレジットカード現金化 比較
出会いランキング
ネイルサロン

« 「福山」だけに龍馬で盛り上がる…鞆の浦も縁(読売新聞) | トップページ | 京都・八坂神社で「おけら詣り」(産経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310493/32855207

この記事へのトラックバック一覧です: 全焼、母子ら3人死亡 台所の灯油缶に引火か 東京・大田区(産経新聞):

« 「福山」だけに龍馬で盛り上がる…鞆の浦も縁(読売新聞) | トップページ | 京都・八坂神社で「おけら詣り」(産経新聞) »